消費者金融

消費者金融とは?

消費者金融とはお金を借りる先ではありますが、同様にお金を貸し付けている銀行とは会社などの形態はまったく別のものです。消費者金融と銀行の決定的な違いとしては、預貯金を受け入れるかどうかという部分になります。つまり、銀行はお金を預けたり、借りたりすることができるところ、消費者金融はお金を借りるのみということになります。

 

消費者金融は、クレジットカードを発行している信販会社ともまた違います。(消費者金融のなかでアコムは、唯一クレジットカードのマスターカードを発行はしていますが)信販会社のようなローンの貸し付け主や店舗などと契約して利用者が後払いできるようにする、といったシステムはありません。

 

ある意味消費者金融は、貸付に特化して営業が行われている部分があるわけです。ですから、消費者金融のローンは多彩な商品が揃っています。これは、利用者の便宜性をはかるために、改良されているということがいえるでしょう。ATMの数の多さと利用のしやすさ、審査のスピードなどはやはり銀行、信販会社いずれよりも速いということができるでしょう。

 

今は金利だけを比べて消費者金融、銀行のカードローン、クレジットカードのキャッシングからどこが自分にとって一番利用しやすくてお得なのかということを考えて借り入れする人が増えています。借り入れる側が知識を持つことで、それぞれの違いを上手に使い分けることもできるようになっているのです。

消費者金融の違いを比較しよう

消費者金融も何社かありますね。どこで借り入れすればよいのかを考えるときは、その違いを比較するのがよいでしょう。大手消費者金融でも、それぞれの借り入れ条件などを比較すれば、少しずつ違いがあります。

 

まず違いとして一番チェックするのは金利でしょう。金利の高い、低いというチェックと今なら無利息期間がある消費者金融が増えていますから、上手に無利息期間を利用したいものです。また、限度額も申し込んだ人によってそれぞれ変わってきます。限度額と金利は関連していますから、限度額が高くなれば金利が低くなります。

 

それぞれの消費者金融で設定される限度額が違いますが、あまりたくさんの会社に一度に申し込んでしまうと、申込ブラックといった状態になりかねません。ですから、2社程度、多くても3社までで限度額と金利の違いを比較するようにしましょう。

 

他には、ATMの場所やその検索方法なども、借り入れ後の便利さに大きな違いとなってくることもあります。提携ATMが多ければ、借り入れや返済がしやすくなります。自分の行動範囲にATMがある消費者金融を選ぶようにするとわざわざ借り入れに行く、返済に行くといった手間を減らせることができるでしょう。

 

申し込みのときに書類をアプリで提出できたり、条件が揃っていれば在籍確認を省略できたりといった消費者金融もあります。これもささいな違いと思ってしまうかもしれませんが、急いで借り入れしたいときには面倒さが省略できて便利なものです。

法律改正で変わった消費者金融での借り入れの上限

貸し金業法の総量規制によって、消費者金融で借りられる額は年収の1/3以下と、上限が決められています。個人の借り入れ状況についての情報は、信用情報機関というところで一括管理され、新たな借り入れの際はここに問い合わせをして、法律で決められた範囲内であるかどうかの確認が行われます。しかしこの上限については、いくつかの「除外」と「例外」があります。

 

除外となるのは、不動産購入のための貸付け、高額療養費の貸付けなどのほか、自動車購入時の自動車担保貸付けなど、いくつかあります。これらの貸付残高は、総量規制の範囲には含まれないため、総額が年収の年収の1/3を上回っていたとしても問題ないでしょう。

 

もう1つ、例外というものがあります。これについては総量規制の上限に含まれますが、個人の支払い能力を検討した上で、例外として融資を認めるというものです。個人で事業を立ち上げるときや、医療費など社会通念上緊急に必要と認められる費用についての貸付、また配偶者と合算した年収の1/3以下にあたる貸付などです。

 

また例外の中に、借りる側に一方的有利となる借換えという項目があります。これは複数の業者から借り入れをしている場合、金利が低い一社にまとめることで、返済の負担を減らすをいう、おまとめローンのような借り換えについて適用されます。このような借り換えの場合には、借り入れた金額は全て他社の返済に充てることが条件となります。また、完済したことを証明する必要があります。


このページの先頭へ戻る