急な葬儀にも対応できるよう事前準備

互助会の活用で安心の葬儀プランを立てる|お別れの為の計画

費用を節約する

合掌

互助会を活用することによって、葬儀に掛かる費用を節約していくことができます。掛け金が必要ですが、無理のないペースで支払っていくことができると評判が寄せられています。

Read More..

便利や葬儀システム

男性

家族や親族が亡くなってしまった場合、葬式の準備をするため葬儀業者を探すこととなります。全国または地方にはたくさんの葬儀業者があり、その中から選択しなくてはいけません。また、葬式や通夜は故人がなくなって直ぐに準備が行われるため、業者を選択している時間がない現実があります。そんな時、家族がこまらないように生前に冠婚葬祭を行なう業者を決めておくと、スムーズに弔うことができるシステムがあります。それは、互助会と言われるものです。互助会は、葬式だけでなく結婚式も含めた冠婚葬祭の全てを月会費制で行うことができるシステムです。

いざ葬式となると、葬儀代が高く支払いに困ることもありますが、互助会を利用することでお金の不安もなくなります。互助会の会費は業者によって違いはありますが、安いところでは月々3,000円でシステムを利用することができます。また、加入者本人だけでなく、その家族も含めて利用できるのです。このように、一定期間積み立てをすることで、葬儀費用の負担を軽減できるメリットがあります。また、互助会の会員になると、会員割引も用意されています。

互助会の目的は、所得水準が低い人でも皆と同じく冠婚葬祭ができるように、会員で積み立てを行ない祭壇を共有しようという相互扶助の考えから生まれました。ですから、業者もきちんと経済産業大臣の許可を得て営業をしています。逆に許可をとっていないところには注意しましょう。現在、冠婚葬祭をする人の4割近くが互助会を利用しています。

上手く活用することが大切

お墓

互助会の加入を考えているという場合は、受けられるサポートをしっかり活用できるか考えておく必要があります。安心できる利用プランを立てて、加入の準備を進められると安心でしょう。

Read More..

提携の斎場を選ぶ

葬式

互助会による葬儀のサポートを受けるには、提携している斎場を選ぶ必要があります。様々な斎場があるため、利用するタイミングが訪れたという場合はパンフレットやネットで情報を集めておくことが肝心になります。

Read More..